ドイツ留学に行きたい

妹は、高校生になったときにドイツ留学に行きたいと両親にいっていた。
私は、妹と6つ離れている。
なので、それを聞いたときは、やっぱり妹はしっかりしてるなと思った。
それを感じさせる行動は、よくしていたのだが、まさかここまで、しっかりしているとはと思いしらされた。
私は一応、外語大を卒業しているので、妹にドイツ語を教えることは、できる。
日常会話ぐらいなら、できるように勉強をした。
妹は、将来通訳もしたいらしく、それを聞くたびに頑張ってなってほしいなと思った。
ドイツ留学までにお金を貯めると張り切っていた。
両親には、ドイツ留学のお金、私も出すよといった。
夢を追いかけている妹の手助けがしたかったのだ。
もちろん、両親はドイツ留学には賛成していたが、見知らぬ土地だから心配とはいっていた。
たしかにそれはそうだなと思った。
でも、何事も、経験だよと言うと、納得していた。
そして、ついにドイツ留学の日。
あのときは、留学はまだまだ先と思っていたが、いざ目の前にくると、私が緊張してきた。
たくさん学んで、自分のものにしてきてね!といって送りだした。