DVD制作の用語でよくある「オーサリング」とは?

自分で撮った動画や映像をDVDにする場合、DVD制作業者にやってもらったり、DVD作成ソフトで自分でやる方もいますよね。
私も先日、お稽古事の発表会のDVDを買ったので「発表会の映像がこんなに素敵なDVDにしてもらえたなんて!」と結構うれしくなっちゃいました。
先生が多分業者に頼んで作ってもらったんだと思いますが、かなり本格的で素晴らしい出来のDVDなので中身はもちろん今は部屋に飾ったりして眺めて楽しんでします(笑)
さて、DVD制作ですが私もお稽古事とは別に仕事の関係で作らなきゃいけないことになってしまったんです。
それで今DVD制作業者をいろいろ探しているところではありますが、DVD制作用語(?)って専門的な用語ばかりで結構難しいですね。
「オーサリング」という言葉も良く出てきて「ん?オーサリングとは?」と思い、とりあえず調べてみました。
オーサリングとは映像や音声データを編集してDVDなどマルチメディアを制作すること…だそうです。
やっぱりなんとなくしかわかりませんね(笑)
とにかくオーサリングは「DVDとして再生できるようにすること」だと思います。
映像編集系の用語は本当に難しいです、ハイ。