さすが予防歯科先進国スウェーデン

日本は世界の中でも長寿の国で健康なお年寄りがたくさんいますよね。
身体が健康でも歯が少ない高齢者が多く、80歳の平均残存歯数は13.9本で他の国と比べると少ないのです。
アメリカの場合は平均15.1本、スウェーデンはなんと平均21本とさすが予防歯科先進国ですよね。
予防することでこんなに歯の数が違うなんて驚きです。
だから歯を残すためには予防が必要で、はみがきをしっかりするだけではダメなのです。
はみがきを一生懸命やったところで、完全に虫歯や歯周病を防ぐことはできませんが、歯科検診を定期的に受けることで、しっかりと予防することができます。
歯科検診では虫歯や歯周病の検査を行い、歯科衛生士が歯石や歯垢を取り除いてくれます。
また歯科相談も行っているので、口の中の悩み事を相談することができます。
歯科検診は3~4か月のペースで行い、3,000円程度の費用がかかりますが、歯の健康を保つことができます。
今は費用がかかっても将来、入れ歯になった方が医療費はもっとかかってしまうので、歯の寿命を延ばすためにも歯科検診を受けておくといいでしょう。