人生の新しいスタートになる時期

日本のよいところは四季がはっきりしていることです。
1年・12カ月を3カ月ごとに区切ることも大きな特徴ですよね。
ちなみに「春」は3~5月までが該当します。
とはいえ、3月になっても、4月になっても肌寒い日が多く、知らない間に5月に突入していた…というのも、珍しくありません。
このように、暦のうえの「春」とは若干のズレを感じるのは、いまに始まったことではないでしょう。
しかし、「春」は進学や就職などの季節でもあり、人生の新しいスタートになる時期といっても過言ではないですよね。
進路のひとつに「鍼灸師」になるための学校があります。
鍼灸師(はり師、きゅう師)になるには、それぞれ国家試験に合格する必要があり、その受験資格を得るためには、養成機関で3年以上学ぶことが不可欠なのです。
具体的な進路として、四年制大学のほか、三年制の短大・専門学校が考えられます。
ただし、入試や合格発表の時期が関係するため、進路が決まる時期は個々にもよります。
晴れて合格を勝ち取った人は、鍼灸師への夢に向かって進んでいきましょう。
また、なんらかの機会で鍼灸師の仕事に興味を持った人は、来年度の入学に向けて準備を始めてはいかがでしょうか。